東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者 飯守泰次郎

いいもり・たいじろう

about3_img_02

東京シティ・フィル・コーアは、2001年1月、東京シティ・フィル常任指揮者であった飯守泰次郎先生の発意のもと設立され、爾来、「ドイツ・レクイエム」(ブラームス)、「天地創造」(ハイドン)、「真夏の夜の夢」「聖パウロ」「賛歌」「エリアス」(メンデルスゾーン)、「復活」(マーラー)、「レクイエム」(ヴェルディ/モーツァルト)、「ミサ・ソレムニス」(ベートーヴェン)、ワーグナー合唱名曲集、そして「第九」(ベートーヴェン)と、先生のご指導をいただいて成長してきました。
飯守先生は、オーケストラと同じように合唱団とも、継続的な営みを続けることにより真に音楽的な共感に裏付けられた演奏を実現することを理想とされ、その情熱的でねばり強いご指導は、我々合唱団員をいつも音楽への愛と共感の渦に巻き込み、本番では我々の実力を遙かに超える演奏に導いて下さいます。


2018-2019シーズンの共演予定公演

◆東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
2018年7月13日(金)開演19:00
第317回定期演奏会
東京オペラシティ コンサートホール

ブラームス/ネーニエ(悲歌)
ブルックナー/ミサ曲第3番 ヘ短調

指揮:飯守 泰次郎
ソプラノ:橋爪 ゆか  メゾ・ソプラノ:増田 弥生
テノール:与儀 巧  バス:清水 那由太


プロフィール

1962年桐朋学園大学音楽科を卒業と同時に、藤原歌劇団公演『修道女アンジェリカ』にてデビュー。66年ミトロプーロス国際指揮者コンクール、69年カラヤン国際指揮者コンクールに入賞し、72年~76年まで読売日本交響楽団指揮者を務める。 国外でもマンハイム市立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、レーゲンスブルク市立歌劇場等ヨーロッパの主要歌劇場を経て、79年エンスヘデ市立音楽院オーケストラ指揮者となり、現在は同音楽院オーケストラ顧問。 これら国内外での活躍に対し、72年には芸術選奨文部大臣新人賞(東京)とシーズン最高指揮者賞(バルセロナ)を受賞した。70年からはワーグナーの総本山であるバイロイト音楽祭の音楽助手として様々な歴史的公演に加わり、音楽祭総監督ヴォルフガング・ワーグナー氏からも、「飯守泰次郎こそドイツ語でKapellmeister(名指揮者)と呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロという言葉以上に大きな尊敬の念が込められている」と絶大なる信頼の言葉を寄せられている。

国内主要オーケストラとの共演も多く、情熱的な音楽創りでいずれも好評を博している。 またオペラに対する造詣も深く、特にワーグナー作品を日本の楽壇に積極的に紹介してきた功績は特筆すべきものがある。93年~98年3月まで名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者を務め、東京での30周年記念演奏会をライブ収録したCDは、96年度文化庁芸術作品賞を受賞している。

1997年9月東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者に就任。2000年から東京シティ・フィルとともに4年がかりで展開したワーグナー『ニーベルングの指環』 全4作ツィクルス上演を成功に導き、日本におけるワーグナー芸術の重要な担い手として非常に高い評価を受けるとともに、その地位を確固たるものとした。一方、関西においても2001年から2010年まで関西フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者を兼任。2011年からは同団桂冠名誉指揮者に就任している。また、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の実力向上と、『ニーベルングの指環』全4部作上演の成功が認められ、 平成15年度(第54回)芸術選奨文部科学大臣賞を満場一致で受賞。
2000年度第32回サントリー音楽賞を受賞。2004年紫綬褒章、2010年秋の叙勲で旭日小綬章を受章。その活躍に大きな期待と注目が集まっている。2012年4月より東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者。2014年9月より新国立劇場オペラ芸術監督。2012年11月、平成24年度文化功労者。2013年3月、日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員。

飯守 泰次郎公式ホームページ http://www.taijiroiimori.com/

 

広告